bula=leather craft & more
本日、佐世保行き→
来年度からの、新たな試みのために、彫金biulahのアトリエで、制作活動をしてきました。
とはいえ、上げ膳下げ膳のでワークショップで、田澤氏に全面協力で、仕上げてきました。
お財布や、バックのファスナーに付けるチャームになります。
どれも、形が違います。
楽しかったなー。

同じ金槌振る行為でも、モノが違うと、新鮮でした。

新作 19:15 comments(0)
今年の初仕事
あけましておめでとうございます。
随分 飛び飛び投稿のブログ、今年はマメに投稿しようと思ってる次第です。
お付き合いよろしくお願い致します。

本日、仕事始め。
ご依頼のあった、某建築会社(ここは名前を出すべきか?)ノベルティーグッズのペンケースの製作。
いろんな色で作ってみました。
これから、磨いて、刻印打って完成となります。ラッピングどんな風にしようかな。


ただ今新作のお財布サンプル製作中。
ワイルドなの作りたいんだけど、きれいに収まってしまって、だめだめ。
もっと、とんがらないと。



 
新作 21:05 comments(0)
サンダルのサンプルできました。
 色々と、履き心地、長時間履いて疲れないか、靴下はいても、履けるか?
などなど、熟考して、出来上がりました。

最高級のオイルたっぷりのレザーを使ってます。
ちょっと磨いただけで、艶が出ます。
本当におすすめ。
展示会の時にサイズ展開ありでご案内します。
脚は差し引いてみてください。

新作 14:18 comments(0)
続いて 新作no3
 

立体裁断はとても不得意なんだけど。
伐ったり伸ばしたりして パターンを完成させました。
とてもお行儀よく自立してたてるトートバッグです。

あとあと、もっとご紹介したいけど、展示会のときまで 小出しにしていきます!


新作 16:33 comments(0)
accordion wallet shoulder
 先日 ご紹介したwallet shoulder
3回のサンプル製作の後、1週間試し使いをし、製品に仕上がりました。

カード収納ポケット16個、ファスナー付きポケット2カ所、
お札や、通帳、スマフォ収納箇所3つ。
大容量です。
もちろんショルダーを外しても使えます。
色展開は 脇の部分の色違い、カーキ、 キャメル、赤を考えてます。
また、黒は素材の違う革で、全体黒で仕上げます。

ほう。達成感。
同時に数点サンプル作成中なので、また、ぜひこらんください。

前の方が良かった等々、ご意見お待ちしています。


新作 14:28 comments(0)
春の新作
春の新作に向けて、着々とサンプル作りに取り掛かってます。
第一号は、accordion shoulder
お財布では好評頂いてるアコーディオンタイプの、更に大容量、更に機能性、更に女子の見方を重視し、デザインしました。左が1回目 手直しして左。
これから二週間私が使って、手直しをし、完成に至ると思います。
完成した暁にはまた、ご紹介しますね。
なかなか、いい感じよー!
新作 15:47 comments(2)
もこもこ
 waranaya展示会に向けて、毎日張り切っております。

画像はイタリアのデッドストックの毛布を使ったバッグ。

三日月がたと、ギャザーバッグ。どちらも、色は寒色なんだけど、あったか素材で

ぬくぬく感を出してくれました。



最近自分が着る服も、めっきりシンプル志向。

この時期はジャケットにパンツだったり。

でも、服の色と、バッグで個性を出したい気分。

なので、そんな私の今の気分が反映されたラインになりそうです。


新作のお財布もとても、シンプルです。機能性を重視してみました。

こうやって作っていくうちに、また、ごちゃごちゃしたのを作りたくなるんだろうなー。

ようやく自分の製作の流れがつかめてきた。


でも、いつも来ていただいてる方も、初めての方も楽しんでいただけるよう、頑張ります!

なので、一時 ブログの更新控えめになりそうです。
新作 14:41 comments(4)
更に、peter bag
 CA3F04560001.jpgCA3F00740001.jpgCA3F0452.jpgCA3F0455.jpg

愛用しているpeter bagの、パッチワークバージョン、秋冬バージョンを作ってみました。

愛用のペーターバッグは、相当な重量感なので、力持ちもしくは、筋肉増量希望の方にしか、

お勧めできずにいましたが、su-table定番のオイルレザーをまちに使い、しっかり感は保ちつつ、

重量は軽く仕上がりました。

ショルダー部分、留め口はそれぞれ、雰囲気に合わせて変えています。




私の作業スケジュールはいつも完成が夕方で、その後写真撮影。翌日納品パターンが多く、

写真を撮る時間には、日が翳り、写真がまずい。

でも、勢いで撮影後すぐにここにアップしないと、いつになるか分からないので、この状態。


で、アトリエにいつでも写真撮れます撮影ブースを作ることにしました。

次回からはそこで撮影しまーす。
新作 15:27 comments(0)
カタログできました。
CA3F0450.jpg 

構想し始めて、時間がたちましたが、ようやくカタログが出来ました。

内容は今年の定番商品です。

単発でつくるもの(パターンなしのもの)、オーダー頂いたものに関しては、載せてません。

リピート生産できるもののみです。

だが、しかし、すべての作業が手作業のため、このカタログさえも、量産できないのが実状なんです。

お買い上げいただいた方になるべくお付けしたいと思っています。

 
印刷会社に頼もうかどうしようかと悩んだのですが、確かにコスト的にはそっちのほうが

いいのだけれど、飽き性の私、やっぱり、このデータを差し替えようとか、ここのフォントを変えよう

とか、いじりたくなるので、断念した。

カタログひとつとっても、なかなか難しいのだわ。

新作 11:58 comments(0)
オマージュ?!
画像 610.jpg
先日 ちょっとした取材を受け、そのときに、革製作を始めたきっかけはなんですか?
と、聞かれた。

そのとき、うーんと考えてすぐには思い出せず、後からぴんときた。
左のバッグ。
これがきっかけだった。

このバッグ、15年くらい前に、友人からプレゼントされたもの。
彼女は雑誌でみかけて、何かの折に東京に行った際わざわざ、注文してくれた品。

そのときの衝撃たるや!!革って人の手で作れるの?!どんな道具で作るの?どこで勉強できるの?

そのフォルムや、雰囲気ももちろんど真ん中だったけど、これをプレゼントしてくれる友人のセンスにも 感激したんだけど、それと同じくらいの衝撃だった。

そこから、調べられるだけ調べた。

そして初めて革にやった作業は このバッグの口のところに穴を開けてビーズをつける作業だった。

これを作った方は当時 成田に住んでいて、男性で、靴もバッグも全部独学で作ってるということだった。

今はどうされてるんだろうか?

雨に打たれ、何かをこぼし、あちこち しみになり、ショルダーのひももちぎれ、くくり。

でも こうやって15年かけて育てたバッグは相変わらず宝物。


 そして、この度、とても上質なヌメが手に入ったので、同じものを作って見ることにした。

どうしても私が作るとなんでも、ひと回り小さくなってしまうのでけど、

そして、やはり、そっくりには作れず、私のテイストになっちゃった。

明日からの『青緑』で販売します。


これを作った名前もしらない スナフキンみたいな風貌だったあなた。

これをプレゼントしてくれたMさん。

おかげで今こうやってます。

ハイジのペーターを目指して。
新作 14:52 comments(0)